【SFC】ソウルブレイダー 紹介&レビュー

スーパーファミコン(SFC)

「アクトレイザー」で有名なクインテットが世に出したソウル3部作。その1作目のアクションRPG「ソウルブレイダー」の紹介&レビュー記事です。



概要

このゲームの特徴
ソウル3部作1作目のアクションRPG
人間や動物などの魂を開放して世界を復興していく
ゴリ押しも通用するぐらいの易しい難易度
  • 発売日:1992年1月31日発売
  • ジャンル:アクションRPG
  • クリア時間目安:7~10時間程度

かつて存在した会社クインテットが開発し、エニックス (現スクウェア・エニックス) が発売したアクションRPG。クインテットが名作アクトレイザーの次に開発したのが本作で、「ガイア幻想紀」「天地創造」と合わせてソウル3部作と呼ばれている。

BGMはゴダイゴのメインボーカリストでもあるタケカワユキヒデ氏が担当した。

世界観・ストーリー

フレイル王国を統治するマグリッド王は並ならぬ物欲を持った男であった。

ある日、レオという天才発明家の噂を耳にした王は彼を監禁し、悪魔を召喚する機械を作らせた。

王と悪魔との取引は行われた。それは生き物の命一つと黄金一つを交換するというもの。

その日から一本の花、一羽の鳥といったように命が一つ、また一つと消えてゆき、やがて世界は滅びた…。

そんな地上を見つめる二つの影。

天空のカミは愛弟子であるあなたに命じた。

悪魔の誘いにのった人間は愚かですが、彼らにもう一度希望を与えることにしましょう。

地上へゆき、世界を復興させなさい、と。

あなたは地上へと降り立った。

生き物の魂を蘇らせるもの、ソウルブレイダーとして…。

ゲーム開始時、街には生命がほとんど存在せず、寂しい雰囲気のみがただよっている。

ダンジョンで魔物の巣から出現する敵を全滅させて、囚われた魂を開放し街を復興させていく。魂は人だけにとどまらず、チューリップなどの植物や、ヤギ、ネコなどの動物、はてはドアなどの無機物にも及び、本作独自の世界観を彩る要素になっている。

全7ステージで、森や海底、地下世界など冒険の舞台はバリエーションに富んでいる。

本作のヒロインで、天才発明家レオの娘リーサ。



ゲームシステム

本拠地となるほこら。各地に存在し、ここに入るとHPが全回復する。天空のカミと話すことで、セーブと別ステージへの移動ができる。

見下ろし視点で敵を剣・魔法で攻撃して倒すアクションRPG。

  • 十字キー:キャラの移動
  • A:ステータス画面を表示。
  • B:決定・話す。剣で攻撃。
  • Y:キャンセル。装備した魔法を使用。
  • X、SELECT:装備画面を表示。
  • L・R:突きのポース。十字キーと合わせてカニ歩き。
  • START:PAUSEとなり、マップ名と魔物の巣の状況を確認。

本作はBボタンが決定ボタンなので、Aボタン決定に慣れていると少々遊びづらい。

各ステージでは何もない街からスタートし、ダンジョンで魔物の巣を潰して魂を開放、街に戻って住民と交流してアイテム入手またはフラグ立てをする。これを繰り返して、最終的にダンジョンの最奥のボスを倒すとステージクリアとなり次のステージへ、といった流れでゲームは進行していく。

魔物の巣からは敵が一定体数出現し、すべて倒すと巣が変化する。これを踏むとダンジョン内の先に進めるようになったり、囚われた魂が開放されたりする。

各ステージには魔法使いと同等の存在のソウルが存在し、仲間になるとソウルにそのステージで役に立つ特殊効果が加わる。

装備は武器、鎧、魔法、道具の4種類。装備していないと効果は発揮しない。武器には特定の敵に効く、鎧は特定のダメージを受けない等、特殊効果があるものも多い。

魔法は、主人公の周囲をまわる青い玉ソウルを起点にGEMを消費して発動する。GEMは敵を倒したときに出現し、回収すると貯めることができるがやられると0になる。魔法はレベルアップではなく、NPCとの会話や宝箱などで入手できる。異なる魔法を発動するには、魔法の装備を付け替える。

道具は装備しないと効果は発揮しない。イベントアイテムも都度装備し直さないといけないので注意。

やくそうは装備しているとHP0のときに全回復する効果があり、ボス戦でのゴリ押し戦法も可能になる。宝箱から入手できる他、未所持の状態で特定のNPCと話すと補充できるので、無くなったら回収しておこう。



感想

  • 世界観:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • グラフィック:★★★☆☆
  • BGM:★★★★★
  • ゲームシステム:★★★☆☆
  • やりこみ:★★☆☆☆
  • 難易度:★★☆☆☆

魂を開放して世界を復興していくというストーリー・世界観が特徴のアクションRPGで、管理人は小学生時代にプレイしてクリアしました。

アクション苦手な管理人が子供の頃にプレイできたほどに、難易度は易しくボス戦もやくそう装備のゴリ押しでクリアできるほどのバランスになっています。戦闘以外でもゲームを進める上での難しい要素は少なく、魔物の巣を潰してNPCと会話をすればサクサク進めることができる点も、本作の難易度が低い理由。

ゲームを開始すると、街には生命が感じられず建物もない寂しい風景を見せられますが、魔物の巣を潰して魂を開放していくにつれて、人々や動物、植物が蘇り、画面に徐々ににぎやかな動きが増えていきます。そうして世界が復興していく様は、プレイヤーが世界に対して働きかけている感覚を抱かせ、本作に他のゲームとは違う独自のプレイ感を与えています

ストーリーはシンプルながらも、早すぎた天才の苦悩や輪廻転生、短い寿命の一族など、考えさせられる内容になっており、本作が人気な理由の一つだと思います。

グラフィックはスーパーファミコン初期にしてはキレイで、本作の世界観を描くのに表現不足とは感じませんでした。主人公がカニ歩きする際のドットもしっかり作られているのはポイント

ゴダイゴのメインボーカリストであるタケカワユキヒデ氏が手掛けたBGMは、ステージごとに特徴がある曲が多く、管理人は、ほこら、街、研究所地下のBGMがとても好き。

やりこみ要素はごく一部で、ゲーム自体のボリュームも少ないので、低い難易度を含めて、人によってはマイナスポイントになるかと思われます。

こんな人におすすめ

  • スーパーファミコンの名作アクションRPGを遊んでみたい方

にオススメします。

難易度自体は低く、ゴリ押しでもクリアできるので、アクトレイザーの序盤ステージでつまずくような(管理人のこと)アクション苦手の方も簡単にクリアできます。

プレイ環境

管理人のプレイ環境:レトロフリーク

現状、オリジナルのスーパーファミコンソフトでプレイする以外の選択肢はなしです。版権の都合でリメイクや移植も難しい様子。




コメント

タイトルとURLをコピーしました