【SFC】ドラゴンスレイヤー英雄伝説 紹介&レビュー

スーパーファミコン(SFC)

今回は、管理人が子供の頃にプレイしたSFCのレトロゲーム「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」を、20年ぶりぐらいに再プレイしてみました。「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」の紹介&レビュー記事です。



概要

このゲームの特徴
今なお続く英雄伝説シリーズの1作目
王道ファンタジーRPG
快適なゲームプレイ
充実したオートバトル設定
  • 発売日:1992年2月14日発売 ※SFC版
  • ジャンル:コマンドRPG
  • クリア時間目安:25~30時間

日本ファルコムが制作した、今も続く人気シリーズ英雄伝説の1作目。もともとはPCゲームだったが、後に多くのハードに移植された。スーパーファミコン版はそのうちのひとつ。スーパーファミコンでは続編のⅡまで発売された。

世界観・ストーリー

王位継承を2ヶ月後に控えたファーレーン王国のセリオス王子は、日々スライムいじめに勤しんでいた。こっそり町を抜け出しては外で遊ぶ王子に、養育係のライアスが説教する日々が続く。そんなある日、王子が住んでいる町にモンスターが攻めてくる。

世界観は多数の国があり、魔法があり、モンスターが跋扈しといった王道ファンタジーRPGと聞いて思い浮かべるもの。



ゲームシステム

ゲーム開始時、またロード時に「サクサク」と「ドキドキ」の2つのモードを選択できます。

「サクサク」

  • 全滅時、最後に出た町か戦いの直前に戻ることができる
  • どこでもセーブ可能
  • ザコ敵から必ず逃げられる

「ドキドキ」

  • 全滅時に所持ゴールドが半分になり、最後に出た町に強制的に戻される
  • セーブは町などのみ
  • 戦闘から逃げられない場合がある

敵の「かいしんのいちげき」が出やすいので、特にこだわりがない方は「サクサク」でプレイするのがオススメです。

敵の下に表示されている数字は敵のHP。

戦闘はオーソドックなコマンドRPG。レベル上げ、装備整えをしっかりすることがゲームを進める上で重要になっています。敵味方ともに「かいしんのいちげき」が非常に出やすいのが特徴。連続で受けてピンチという場面もそれなりに。

戦闘中、キャラのHPが0になると気絶状態になり、戦闘終了技にHP1で復帰します。各種状態異常も戦闘終了で回復。レベルアップするとHP・MPが全快。

このゲームは「どく」、「ねむり」の状態異常がユニークで

  • 「ねむり」:目が覚めるまで行動不能。受ける通常攻撃は全て「かいしんのいちげき」になる。
  • 「どく」:ターン経過で行動不能になり、最後にはHP0になる。ターン毎にダメージ等はない。

となっています。

「システム」設定で「レベルアップセット」を選択すると、能力値を自分で割り振ることも可能。
オート戦闘機能は、SFCのゲームとは思えないぐらい充実。
フィールド画面。青い丸いものが敵シンボル。

シンボルエンカウント式を採用していますが、フィールドで敵の姿は見えないという仕様。敵遭遇時、または敵から逃げた場合に敵がマップに表示されるように。「あらわしのすず」というアイテムを使用すると、一定時間、フィールド上の敵が表示されます。

一部ダンジョンは視界が狭いので「たいまつ」が必要。ダンジョン内では、敵シンボルははじめから表示されます。

「ヨシュアのめ」というアイテムを使用すると、エリア内をくまなく見ることができ、事前に宝箱の位置を把握したり、出口を確認したりと便利。

各キャラ最大7まで習得可能で上書きできる。キャラによる呪文の習得制限はなく、好きなキャラに好きな呪文を覚えさせられる。

呪文は町などにいる賢者に教えてもらうことで習得できます。呪文名の後ろにある数字が大きくなるほど、呪文としての効果は大きくなります。冒険を進めると「ルーラ」と同じ効果の呪文も習得できるように。

物語を進めると、ミニゲームとして「○☓ゲーム」と「黒ひげ危機一髪」が遊べる場所があります。



感想

  • 世界観:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • グラフィック:★★☆☆☆
  • BGM:★★★★☆
  • ゲームシステム:★★★★☆
  • やりこみ:★☆☆☆☆
  • 難易度:★★☆☆☆

子供の頃にプレイした懐かしのRPGのひとつ。

タイトルでSTARTを押したときに流れる、太鼓の音から始まるBGMが特徴的で、一気に懐かしさがこみ上げてきました。BGMは今聞いても良曲揃いです。

システム周りは、今プレイしても十分快適です。地味にキャラの移動速度が速いのも○

一方でエンカウントシンボルの多さは、当時から思ってましたが結構気になりますねw オート戦闘である程度カバーできるのが救い。

子供の頃は分からなかったですが、ボスの攻略方法も複数あることに気付けたのも、楽しめたところのひとつです。

シナリオはザ・王道ファンタジーと言った感じで分かりやすく、個性的なキャラが物語を彩りを添えてくれます。

左からセリオス、リュナン、ロー、ゲイル

序盤に仲間になる「ロー」には、大人になった今こそ共感できるところもあったり。

生真面目な修道士「リュナン」やその兄弟の関係性もいい味出してます。一番好きなキャラは「ゲイル」。ネタバレになってしまうので、この辺は未プレイの方はぜひプレイしてみてください。

こんな人におすすめ

レベル上げして、お金を集めて、装備を揃えて進めるゲームなので、

  • ドラクエシリーズが好きな方。
  • 王道RPGが好きな方。

にオススメです!

プレイ環境

管理人のプレイ環境:レトロフリーク

PC、PCエンジン、スーパーファミコン、メガドライブ、プレイステーション、セガサターンなど、非常に多くのハードで発売されています。入手・値段・プレイ環境の手軽さを考えると、スーパーファミコン版は選択肢のひとつになるかと思います。

管理人は子供の頃プレイしたスーパーファミコン版を選択。秋葉原のレトロゲームショップ「TRADER」で880円で購入しました。今回レトロフリークを使用してプレイ。

続編「ドラゴンスレイヤー英雄伝説II」の記事も是非!




コメント

タイトルとURLをコピーしました