【Switch】【PS4】ひぐらしのなく頃に奉 紹介&レビュー

Nintendo Switch

先日、「ひぐらしのなく頃に業」を最新話まで一気観して、ひぐらし熱が再発したこともあって、今回は「ひぐらしシリーズ」最新作「奉」の記事をアップします。「ひぐらしのなく頃に奉」の紹介&レビュー記事です。



概要

このゲームの特徴
個性的なキャラクターたち
先が気になって睡眠不足になるストーリー
圧倒的なボリューム

ほぼほぼフルボイス
  • 発売日:2018年7月26日発売(Switch版)2019年1月24日発売(PS4版)
  • ジャンル:アドベンチャー
  • クリア時間目安:150~200時間

過去にアニメ化もされ、2020年10月1日から新たに「ひぐらしのなく頃に業」が放映されている人気シリーズ「ひぐらしのなく頃に」の最新作が、本作「奉」である。

「ひぐらしシリーズ」自体は2002年にPC向け同人ゲームとしてスタートした。

世界観・ストーリー

昭和58年初夏。

例年よりも暑さの訪れの早い今年の6月は、昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱を楽しませてくれた。ここは都会から遠く離れた山奥にある寒村、雛見沢村。人口2千に満たないこの村で、それは毎年起こる。

雛見沢村連続怪死事件

例年よりも暑さの訪れの早い今年の6月は、昼には毎年6月の決まった日に、1人が死に、1人が消える怪奇。巨大ダム計画を巡る闘争から紡がれる死の連鎖。隠蔽された怪事件、繰り返される惨劇。陰謀か。偶然か。それとも―祟か。いるはずの人間が、いない。いないはずの人間が、いる。昨夜出会った人間が、生きていない。そしれ今いる人間が、生きていない。惨劇は不可避か。屈する他ないのか。でも屈するな。運命はその手で切り開け。

ひぐらしのなく頃に奉公式サイトより引用

舞台となる雛見沢。モデルとなったのは世界遺産として有名な「白川郷」。

主な登場人物

竜宮レナ(CV:中原麻衣)。主人公である圭一のクラスメート。しっかりもので、料理が得意。かわいいもの(但し基準は独特)好きで「お持ち帰りー」しようとする。女の子らしい性格をしているが……。「嘘だッ!」は有名。決してヤンデレではない。

園崎魅音(CV:ゆきのさつき)。クラスの委員長で、村の名家園崎家の次期当主。まさかの一人称が「おじさん」。元気でノリの良い姉御肌が女の子らしい一面も。

北条沙都子(CV:かないみか)。我流のお嬢様口調で話す圭一のクラスメートで、生意気かつ負けず嫌いな性格。トラップに関して天才。気丈に振る舞っているが……。

古手梨花(CV:田村ゆかり)。村の守り神とされる「オヤシロさま」の生まれ変わりとして「梨花ちゃま」と老人に可愛がられている。沙都子とは一緒に暮らしており親友。可愛らしいが、時折小悪魔的な一面をみせる。「にぱ〜☆」。

登場人物は昭和が舞台とは思えないほど、髪色のバリエーションが豊富だが、これはあくまでキャラを区別するためであり、実際に髪を染めているわけではないらしい。



ゲームシステム

ひぐらしのメインストーリーは、「出題編」と呼ばれるものと「解答編」と呼ばれるものがあり、一番最初にプレイすることになる「鬼隠し編」の解答は、「罪滅し編」という感じに対の関係のシナリオになっている。サブシナリオはそのシナリオで完結する。

タイトル画面で多数の項目があるので、以下主なものを紹介していく。

書庫選択:ゲーム本編のこと。各シナリオが収録されている。シナリオをクリアしていくと、ロックされた項目が徐々に開放されていく。

環境設定:ルートナビは重要な選択肢の際にどのルートに進むかが表示される機能。タッチ操作はSwitch版のみ。

シナリオチャート:解放済みのチャートにスキップできる。

ギャラリー:ゲーム内で見た一枚絵などや、聞いた音楽、OP&EDの動画が収録される。

TIPS:ゲーム本編のチャートクリア時に解放される。文書系以外は基本フルボイスで、ひぐらしワールドの細かな設定等が分かる。

クイズ真・オヤシロショック:LEVEL1~8まであり、クリアするとシナリオを強制解放できる。シナリオの関連性が分かりづらくなると思われるので、初プレイヤーは使用しないほうが良い。ちなみにクイズの内容はガチのひぐらしファンでも全問正解できないと思うぐらい難しい。

問題&左に表示されるキャラはランダム。しかもこのクイズまでフルボイス。

解説書:いわゆる説明書

オートモードや文章スキップ、過去メッセージの履歴など、この手のゲームとして必要な機能は揃っており、快適にプレイできる。Switch版はタッチパネルにも対応。



感想

  • 世界観:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • グラフィック:★★★☆☆
  • BGM:★★★★★
  • システム:★★★★☆
  • やりこみ:★★★★★
  • 難易度:★☆☆☆☆

ストーリーが本格的に動き出すまでの序盤がめちゃくちゃ長く、序盤で放置して1年以上積みゲーとななっていたソフト。積みゲー消化の一環で再開しましたが、プレイ中は放置していたことを後悔することに。

いくらプレイしても先が見えない圧巻のボリューム&時間を忘れさせるほど先が気になるストーリーは、管理人とんぬらの睡眠時間をごりごり削り、徹夜で出社する日もあったほど。当時はきつかったなあw

グラフィックはいわゆる紙芝居ゲームで、時折一枚絵がある、アドベンチャーゲームとしては普通のものです。一方で独白や説明文以外はフルボイスかつ、声優陣はアニメ好きなら一度は聞いたことのある超有名人が多数参加ということで、臨場感あふれまくりです。正直、150時間異常プレイできるゲームがほぼフルボイスって異常ですw ひぐらし以外できないんじゃないかなあw ゲーム内の裏話でもネタにされるほどです。

BGMも心に残るものが多く、要所要所でストーリーを盛り上げてくれます。とんぬらはよく作業中にひぐらしのBGMを聞くほど気に入ってます。

ストーリーに関しては出題編はミステリーですが、解答編はアクションよりです。殺人とか怖い描写とかも多いですが、ギャグ要素の方が比率として多く、暗くなりすぎないストーリーになっています。シナリオによっては刑事モノだったり、完全にギャグ回だったりとバリエーションに富みます。

個人的には、今からひぐらしを初プレイできる人が羨ましいと思えるほどの作品です。今後の「業」の展開が楽しみ!

管理人が好きなキャラはレナ、鷹野さん、大石さん、赤坂、巴、ハィ=リューン。

こんな人におすすめ

  • アニメ「ひぐらしのなく頃に業」を観てる方。
  • シュタインズ・ゲートが好きな方。
  • レイジングループが好きな方。

にオススメです!

一方、小説のような本格ミステリーを期待している人にはオススメできません。

プレイ環境

管理人のプレイ環境:Nintendo Switch

管理人は2019年1月に7,000円ほどで購入しましたが、今はベスト版が出ているため4,000円未満で購入できます。

「ひぐらしシリーズ」はPS2、ニンテンドーDS、PS3、Vitaなど他機種で販売されましたが、基本的に最新作が過去作+追加シナリオで構成されるため、最新作である本作「奉」を購入するのがベストな選択になります。

Switch版とPS4版とが存在しますが、スペックを必要としないゲームかつタッチパネル操作にも対応している、Switch版をお勧めします。ジョイコンを分離してプレイするスタイルは、自由度が高く各々に合わせた遊び方が可能です。

管理人は布団にくるまり、ジョイコンを手に腕ごと布団の中に突っ込んで、非常に快適にプレイしました。アドベンチャーゲームは基本的に決定ボタンとカーソル選択すればOKですからね。が、そのせいでプレイ当時は睡眠時間がごっそり削られましたw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひぐらしのなく頃に奉 EG THE BEST Switch版
価格:3940円(税込、送料無料) (2021/2/7時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひぐらしのなく頃に奉 EG THE BEST PS4版
価格:3940円(税込、送料無料) (2021/2/7時点)




コメント

タイトルとURLをコピーしました