【Switch】バディミッション BOND 紹介&レビュー

Nintendo Switch

Nintendo Directで発表された時から興味があり、予約購入していたが積んでいた本作。今回やっとプレイしてみました。「バディミッション BOND」の紹介&レビュー記事です。



概要

このゲームの特徴
漫画家の村田雄介氏がキャラデザを担当
随所で見られる特徴的な漫画的演出
絆が織りなす王道的で熱いストーリー
  • 発売日:2021年1月29日発売
  • ジャンル:アドベンチャー
  • クリア時間目安:25~30時間

本作は、「アイシールド21」「ワンパンマン」で有名な村田雄介氏をキャラクターデザイン担当として迎え、コーエーテクモゲームスが開発し、任天堂が発売したNintendo Switch用ソフト。

漫画的演出や、事前調査をしてその情報をもとに潜入するシステムが特徴的なアドベンチャーゲーム。

世界観・ストーリー

亡き養父の夢を継ぎ、ヒーローを目指す警察官ルークと被害総額・数百億ともいわれる「怪盗ビースト」こと、アーロン。数奇な出会いが2人の運命を大きく変えていく……。頼れる相棒として助け合い、時にはぶつかり合いながら、ルークの父の死の謎、そして世界を揺るがす大きな陰謀に立ち向かう熱き友情の物語。

舞台は世界的なショービジネスの中心地「ミカグラ島」。そこで暗躍する姿なき犯罪組織「DISCARD」に対抗すべく、それぞれの思惑をかかえたワケありの4人が極秘の潜入捜査チームを結成。その名はチーム「BOND」。警察官のルーク、大怪盗ビーストことアーロン、陽気な恋多き忍者のモクマ、冷徹な詐欺師のチェズレイは、光と闇がうごめくこの島で真実を突き止めることができるのか?

マイニンテンドーストア バディミッション BONDより引用

物語の舞台となるのは「ミカグラ島」。大昔の隕石落下で形成された島で、伝統的な和テイストと、カジノを筆頭とした歓楽街的な相反する2面性がある。

主な登場人物

ルーク・ウィリアムズ CV:木村 良平
リカルド共和国・首都エリントンにある国家警察の警察官。殉職した警官である父親の影響を強く受けていて、正義感が非常に強く、誠実で生真面目な性格。ヒーローに憧れを抱いている。こうみえて銃の腕前は超一流。

アーロン CV:近藤隆
高価な宝石を狙う世界的に有名な「怪盗ビースト」。常識外れのレベルで身体能力が高く、視力・聴覚も人間の限界を超えている。怪盗とは言っても、その身体能力を活かしたゴリ押しが基本の直情型。考えるより先に行動するタイプ。

モクマ・エンドウ CV:森川智之
ヒーローショーでショーマンを務めるおっさん。舞台となるミカグラ島マイカの里出身の元忍者。酒と女好きだが、女性には基本モテない。軽い感じに見えるが、実は思い過去を背負っている。元忍者だけあって身軽で戦闘能力は高い。

チェズレイ・ニコルズ CV:浪川大輔
「仮面の詐欺師」と呼ばれる奇才。かなりの美青年で、その美貌が捜査で役立つことが多い。変装と催眠術、ピアノが得意で、その他芸術など多くの分野に対して広い知識を持つ。性格は一見丁寧で礼儀正しく見えるが、実際はかなり歪んでいる。



ゲームシステム

ストーリーはミッション単位で展開され、大きくアドベンチャー部分と、捜査パート、潜入パートに分かれている。ミッション選択画面では漫画の巻形式で表示される。

ストーリーは少年漫画のような演出・テイストで繰り広げられ見応えがある。豪華声優陣のボイスと作風にあったBGMが物語を盛り上げる。

ミッション中表示される選択肢や行動で「ヒーローゲージ」が増減する。ミッションクリア時のゲージ次第でバディエピソード、サイドエピソードが開放される。

捜査パートでは、すごろくのようなマップで聞き込みをする。移動できるマス×ラウンド数以内で捜査を済ませる必要があり、追加ラウンドに突入するとヒーローゲージが減少する。

聞き取りに必要なキャラで正しい選択肢を選んで潜入に必要な情報を獲得する。マスを選択した際に表示されるヒントを事前にしっかり読んで、捜査するキャラを選ぶ必要がある。

ミッション終盤の潜入パートでは、捜査パートで得た情報を元に3Dマップ上でゴールを目指す。このパートでは謎解き要素もあり、QTE(Quick Timer Event)も多め。

ゴールまでは2つのルートがあり、捜査パートで獲得した情報次第で選択できるルートが決まる。

潜入パート後の盛り上がるストーリーの後、ミッションクリアになりその時のヒーローゲージでクリアランクが決まる。エピソード開放のためSランクを目指そう。また、潜入パートで選択したバディの組み合わせ次第で開放されるエピソードもある。

主要4人の組み合わせごとのサブエピソードを見れる。各ミッション間のエピソードや、前日譚や後日譚も見れる。

主にサブキャラクターたちのエピソードを見れる。過去エピソードなど、本編シナリオを補完するものもある。

アドベンチャーゲームとして嬉しいスキップモードや自動送り機能ももちろん完備。



感想

  • 世界観:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • グラフィック:★★★★☆
  • BGM:★★★★★
  • システム:★★★☆☆
  • やりこみ:★★☆☆☆
  • 難易度:★★★☆☆

性格、経歴、生まれ育った背景の全く異なる4人がチームを結成して、共通の敵に挑むというシナリオがめちゃくちゃ熱い!! そういうやつらだから、関係も一筋縄ではいかなく、ぶつかったりお互いに理解を深め合ったりと、物語が進むにつれて変化する関係性も見応えがあり!

世界観はマフィアやカジノなどダークな雰囲気がありつつも、俗世との関わりを絶った純和風の里があるという、一見噛み合っていないように見えますが、それこそが本作のテーマにもつながっているのが秀逸。

作品の世界観・雰囲気に合ったジャズ調、和風調のBGMがいたるところで物語を盛り上げてくれます。本作はフルボイスではありませんが、バディエピソード、サイドエピソードを含めた主要な物語はフルボイスで進むのも嬉しい点。

グラフィックに関しては、イラストは立ち絵差分も多くてクオリティが高く、漫画的演出も本作の独自性を高めています。アドベンチャーゲームとして3Dはかなり頑張っていると思いますが、キャラの3Dモデルはいまいち。ただ、城内の3Dグラフィックは純粋にすごいと思いました。QTEに関しては、正直微妙で、もう少し別の形にして面白くしてほしかった感は否めない。

村田雄介氏の素晴らしいキャラデザや、絆が紡ぐ心が熱くなる王道的なストーリー、それを盛り上げるBGMやボイスなど、総合的にかなりクオリティの高い作品で、クリア後は最高のバディたちだったという読後感を味わえました。少年漫画風で敷居は低いですから、是非多くの人に手にとって頂いて欲しい作品です。

こんな人におすすめ

  • 少年漫画の熱い展開が好きな方
  • 村田雄介氏のファンの方

にオススメです。

プレイ環境

管理人のプレイ環境:Nintendo Switch

任天堂販売なのでNintendo Switch版のみです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バディミッション BOND
価格:6557円(税込、送料無料) (2021/6/27時点)




コメント

タイトルとURLをコピーしました