【GBA】黄金の太陽 開かれし封印 紹介&レビュー

ゲームボーイアドバンス(GBA)

今回は、管理人が学生の頃にプレイしたGBAのレトロゲーム「黄金の太陽 開かれし封印」をご紹介いたします。「黄金の太陽 開かれし封印」の紹介&レビュー記事です。



概要

このゲームの特徴
「エナジー」を使用した謎解き要素
GBAトップクラスの派手な戦闘演出

「ジン」を使用した独自の強化・戦闘要素
  • 発売日:2001年8月1日発売
  • ジャンル:コマンドRPG
  • クリア時間目安:25~30時間

ゲームソフト開発会社のキャメロットが開発、任天堂が販売したRPG。黄金の太陽シリーズは全部で3作あり、本作に加え、本作のストーリーの続きである「黄金の太陽 失われし時代」、DSで発売された本作30年後が舞台の「黄金の太陽 漆黒なる夜明け」が存在する。

世界観・ストーリー

封印されし古代科学……錬金術。

霊峰アルファ山に抱かれたハイディア村のソル神殿は、その封印を守護し続けてきた。しかし……その封印が破られた。「錬金術を極めし者は『すべて』を手にする」とまで言われた古の錬金術の底知れぬ力が……この世界のすべての物質を形成するという、地・水・火・風の4つのエレメンタルの力が……何者かの手によって解放されようとしている。錬金術の大いなる力の驚異にさらされた世界。この世界を最悪のシナリオから救うために、勇気ある者たちが、今、立ち上がる……!

出典:黄金の太陽 開かれし封印 取扱説明書

ハイディア村出身の主人公ロビンと、幼馴染ジェラルドが、エレメンタルの力の解放阻止を目的に、村を出発することから物語は本格的に始まります。

世界観としてはファンタジー風で、一般には知られていない、エナジストと呼ばれる特殊な力を持った人間が存在する設定です。主人公たちもこのエナジストにあたります。

町は温かみのあるグラフィック。

町やダンジョンはスーパーファミコン後期を彷彿させる、温かく美しいドット絵で表現されています。BGMのクオリティも高く、戦闘BGMや最終ダンジョンのBGMなど、名曲が多いです。

一方、フィールド画面は、ドラクエ7やDSのドラクエ天空シリーズに似たグラフィックです。

戦闘画面においては、グラフィックは粗いが、演出などで迫力あるものになっています。GBAとしては飛び抜けている。



ゲームシステム

戦闘はコマンドRPG形式ですが、独自の「ジン」システムを備えています。

右下に表示されているのがジン。地、水、火、風の4種類がいる。

「ジン」には4つの効果があります。

1.ジンをセットすることにより、ステータスボーナスが発生。セットしたジンの数と種類によっては「クラスチェンジ」が発生し、習得エナジー(魔法)が変化する。

2.ジンの属性に応じた属性攻撃力・耐性のアップ。

ジェラルドは火属性のため元から火の能力が高いが、地のジンがセットされているため、水・風と比較してパワーと耐性が上がっている。

3.解き放つでジン固有の攻撃やバフ効果を発揮する。

画像は攻撃系のジン。味方全員の攻撃力を上げる、味方が受けるダメージを減らすなどの強力な効果を持っているジンもいる。

解き放ったジンは「スタンバイ」状態になります。

4.「スタンバイ」状態になったジンを使用することで「しょうかん」により敵に大ダメージ

解き放ったジンを使用した派手な演出の「しょうかん」。本作では属性ごとに4段階の「しょうかん」攻撃を行うことができる。

同じ属性の「スタンバイ」状態のジンの数が多いほど(最大4)、より強力な精霊を「しょうかん」できる。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Ougon-no-Taiyou-Hirakareshi-Fuuin-Japan-59.png
画像では地が2、他属性が1ずつスタンバイ状態になっている。

「しょうかん」で大ダメージを与えることができますが、ジンを解き放つとクラスダウンにより、ステータス減少、習得エナジー(魔法)が減るなどのデメリットが発生する場合もあるので、戦略的にジン解放を行う必要があります。

ジンを開放することによりクラスダウンし、パラメータが下がってしまう。

また、「しょうかん」に使用したジンは「リカバリー」状態になり、戦闘で一定ターン経過するか、フィールド等で一定時間歩くと再セットされます。

「しょうかん」で使用したジン「ソロ」は「リカバリー」状態になっている。あと1ターンで再セットされる。

ジンは町・ダンジョンでギミックを解いたり、フィールドで出現したジンを倒すことで獲得できます。

他にこのゲーム特有の戦闘システムとして、一部武器に必殺技が設定されています。通常攻撃選択時に一定確率で発動し、敵に大ダメージを与えます。しびれや攻撃力ダウンなど、追加効果が発生するものも多いのが特徴。

必殺技の発動率自体は結構高い。
アイテム所持枠が少ないので、武器は売ることになる。必殺技つきの武器など珍しい装備品は「ほりだしもの」として再度買うこともできる。

ジンに次ぐ大きな特徴としてエナジーがあります。いわゆる魔法であり、戦闘用とフィールド用があります。特にエナジーによる謎解き要素が、本作の大きな特徴になっています。道中、エナジーを駆使しギミックを解いて物語を進めていくことになります。

ちなみにエナジーを使用するのに必要なEPは歩くと回復します。

「ムーブ」のエナジーを使用しているところ。石像を横に移動させています。
ギミックを解いて、ジンを獲得する場合も多い。

物語を進めると、ミニゲームもプレイできるようになります。

「トレビの泉」のコインなげ。「ラッキーメダル」を投げると、ここでしか手に入らないレア装備などが獲得できる
ここでしか手に入らないレア装備や、回復アイテムなどが獲得できる「ふくびきスロット」。プレイするために必要な「ゲームチケット」は買い物のおまけで手に入る。
コインを増やす「ギャンブルダイス」。コインは余りがちなのであまりやる価値はないか。



感想

  • 世界観:★★★★☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • グラフィック:★★★★☆
  • BGM:★★★★☆
  • ゲームシステム:★★★☆☆
  • やりこみ:★★☆☆☆
  • 難易度:★★★☆☆

学生の時プレイして、他のGBAのゲームと一線を画するかっこいい戦闘シーンにワクワクした思い出。なお、ストーリーは次作含めてほとんど覚えていなかった(゚∀゚)

本作だけではストーリーは完結せず、次作「黄金の太陽 失われし時代」をプレイする必要があります。それ抜きにしても、ストーリーに関しては「早く先に進めたい、謎を知りたい」という欲求は特に起きないシナリオです。牧歌的で、ダメってほどのシナリオでもないですが。

戦闘は特にレベル上げの必要性もなく、かといって装備品をきっちり揃える必要もなくといった感じで、謎解きさえクリアできれば割とサクサク進む印象でした。フィールドではときどき道に迷いましたがw

謎解きは、個人的には難しすぎず程よくバランス良い感じで、プレイしていて楽しかったです。

GBAのゲームとしてトップレベルのグラフィック、素晴らしいBGM、エナジーを駆使した謎解きが楽しいゲーム、それが本作「黄金の太陽 開かれし封印」です。

こんな人におすすめ

謎解きをして進めていくRPGなので、

  • ゼルダシリーズが好きな方。
  • 謎解き系が好きな方。
  • ファンタジーRPGが好きな方。

にオススメです!

プレイ環境

管理人のプレイ環境:レトロフリーク

本作は移植・リメイク等は発売されていないので、今遊ぶとなるとGBAか、Wii Uのバーチャルコンソール(715円)でプレイするかの2択になります。


管理人は現在Wii Uを所持していないので、GBAソフトを490円で購入し、レトロフリークを使用してプレイしました。

レトロフリークでのプレイする場合の注意点があり、ポーズメニューの「いますぐスリープ」は使用しないこと。進行不能となり、リセットしても改善されません。万が一、使用してしまった場合は、本体のメインメニューから、本体⇒セーブデータ⇒ゲームボーイアドバンス⇒黄金の太陽 開かれし封印⇒自動再開データを選択⇒削除、で解決するかと思われます。

また、レトロフリークには「クイックセーブ」機能がありますが、これは3DSのバーチャルコンソールなどと同じく、セーブデータを含む今現在の状態を保存する機能です。「クイックセーブ」データをロードすると、ゲーム内のセーブデータの状況に関わらず、「クイックセーブ」したときのセーブデータの状態をロードすることになるため、ゲーム内のセーブデータが巻き戻ってしまいます。使用する際は注意してください。

続編「失われし時代」の記事も是非!



コメント

タイトルとURLをコピーしました