【GB】カエルの為に鐘は鳴る 紹介&レビュー

ゲームボーイ(GB)

名作だということ以外、全く前情報なしで今回「カエルの為に鐘は鳴る」をプレイしてみました。「カエルの為に鐘は鳴る」の紹介&レビュー記事です。



概要

このゲームの特徴
人気の「王子の冒険」などの良質なBGM
童話的で王道ながらも独自性の高いストーリー
変身を駆使して進めていくアクション要素
  • 発売日:1992年9月14日発売
  • ジャンル:アクションRPG
  • クリア時間目安:10時間程度

「ファイアーエムブレムシリーズ」などで知られるインテリジェントシステムズと任天堂が開発したゲームボーイ用のアクションRPG。ニンテンドーパワーや3DSのバーチャルコンソールに移植されている。

続編もリメイク作も無いが、知名度はそれなりに高く、未だに根強い人気を誇る作品。

世界観・ストーリー

むかしむかしあるところにカスタード王国とサブレ王国という、仲のよいふたつの国がありました。そして、それぞれの国には同じ年頃の王子サマがおりました。

カスタード王国のリチャードは、ちょっぴりおシャレでクールな王子サマ。サブレ王国の王子は単細胞で熱血漢、情にはもろいお金持ちのおぼっちゃま。

ふたりは良きライバルでしたが、剣術の試合だけはなぜかリチャードに勝てないサブレ王子でした。

そんなある日、ふたりのもとに大変なニュースが届きました。絶世の美女とうわさの高い「ティラミス姫」の治めるミルフィーユ王国が、悪の大魔王「デラ―リン」率いる「ゲロニアン軍団」に占領されてしまったのです。

さあたいへん! ふたりは姫を助けるため、ミルフィーユ王国に向けて旅立つのでした。

出典:カエルの為に鐘は鳴る 取扱説明書

物語の舞台となるのは島国の「ミルフィーユ王国」。

町の掲示板にゲームの進行度に応じた主人公の行動が掲載される。

主人公であるサブレ王国王子は、大仰な物言いの豪快な漢で、気前が良い。新鮮味のある主人公の性格付け。お金の力で解決しようとするところは主人公っぽくない。



ゲームシステム

フィールド、町は見下ろし型の表示。

一方、ダンジョンでは横スクロールになる。Aボタンでジャンプ。↓で屈む。

キャプチャだとわかりにくいが、中央上で土煙のエフェクトが出て戦闘が発生している。

戦闘はオートで進行し、Bボタンを押すとアイテムを使用するか逃げるかを選択できる。ライフゲージはゼルダとと同じくハート表示で、左下のFOEは敵のライフゲージ。

ライフゲージは宝箱から「ライフストーン」を獲得するとハート1個分上昇し、さらにライフゲージが全快する。他に「パワーストーン」、「スピードストーン」が存在し、これらも宝箱から獲得できる。スピードは攻撃回数に関係するパラメータ。

レベルの概念がないため敵と戦う理由は基本的にお金目的になる。一応、敵が変身アイテムやハートを落とすことはある。

フィールドやダンジョンに存在する「イケイケだま」を調べると、ライフゲージが全快する。

町の病院ではハートを回復できる。戦闘で負けた場合は、ハート3の状態で最後に立ち寄った町の病院からのスタートになる。

ショップはゼルダスタイルでアイテムを販売している。装備品は性能が高いもので上書きされる形式。

フィールドで時々見かけることになる地下へのハシゴ。降りるとヒントをくれる人物いたり、宝箱が置いてあったりとプレイヤーのメリットになるので。見つけたら積極的に確認しよう。

序盤で「日記ちょう」を獲得するとセーブ可能になる。セーブデータは2つまで作成可能。

「日記ちょう」はでは、あらすじを確認できる。

変身システム

ゲームの進行に応じて、主人公はカエル、ヘビに変身できるようになる。水中に入るとカエルに変身し、「おんせんたまご」を使用するとヘビに変身する。「しあわせのかじつ」を使用すると、人間に戻ることができる。

本作では、変身を上手く使い分けてゲームを進めていく。いつでも変身できるように「おんせんたまご」と「しあわせのかじつ」はある程度ストックしておこう。

カエルの特徴

水中で行動できるようになる。また、ジャンプ力が大幅に上昇し、人の状態では届かない段差もジャンプできるようになる。

虫系の敵に対して無敵になる。接触すると敵は消滅し、自分はハートが1回復する。一方で戦闘力は皆無なのでそれ以外の敵に対して為す術もない。また、とある理由から敵対勢力のゲロニアン兵とは戦闘が発生しない。

カエルと会話できるようになる。その代わりに人と会話できなくなる。

ヘビの特徴

ジャンプ力はなくなるが、狭い通路を↓で這い進めることができる。

弱い敵に接触すると、かみついてブロックにすることができる。ブロックの上を移動して先に進めるようになる。

ヘビと会話できるようになる。



感想

  • 世界観:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★★★
  • グラフィック:★★★☆☆
  • BGM:★★★★★
  • ゲームシステム:★★★★★
  • やりこみ:★☆☆☆☆
  • 難易度:★★★☆☆

プレイ感覚としてはアクション戦闘がないゼルダで、ストーリー要素が強いゲーム。

1992年の作品ですが、今でも十分遊びやすい。システムやアイテムに関して、ゲーム内で丁寧に解説されています。ダンジョン内から入り口まで脱出できるアイテムの存在や、シナリオ中での町への強制移動など、面倒くささを感じさせないように配慮されてるのもいい。

戦闘は装備とストーン回収でのパラメーターですべて決まるオートバトルですが、ここまで割り切っているのは逆に新鮮。

カエル・ヘビへの変身を駆使してゲームを進めていくのはこのゲームの醍醐味で、カエル状態で虫系の敵を鎧袖一触できるのも斬新な体験でした(笑)。それなのに、ヘビとかには何もできずに一方的にやられるという…。

タイトルに関して、プレイ前は変わったタイトルと思っていましたが、クリア後はストーリーに合った良いタイトルだと気付きました。

ゲームボーイのソフトにも関わらず、終盤の胸アツの展開からのエンディングでの伏線回収と、ストーリーがしっかりと描かれているのには驚かされました。未だ根強い人気があるのも納得。

こんな人におすすめ

名作アクションRPGで遊びやすく、10時間程度でクリアできるのでどなたにもオススメできます。

システム的に似通った箇所があるので特に

  • ゼルダシリーズが好きな方

にオススメです!

プレイ環境

管理人のプレイ環境:レトロフリーク

管理人はネットで980円で購入し、レトロフリークを使用してプレイしました。本作は3DSのバーチャルコンソールで411円で配信されているので、今やるのであれば3DSでやるのがベストかと思われます。


レトロフリークでは、GBのソフトは設定で画面の表示カラーを変更できます。GBCでプレイした時のカラーや、初代ゲームボーイの緑色っぽい画面も表現できるのが利点です。


【レトロフリークでプレイする場合の注意点】

レトロフリークには「クイックセーブ」機能がありますが、これは3DSのバーチャルコンソールなどと同じく、セーブデータを含む今現在の状態を保存する機能です。「クイックセーブ」データをロードすると、ゲーム内のセーブデータの状況に関わらず、「クイックセーブ」したときのセーブデータの状態をロードすることになるため、ゲーム内のセーブデータが巻き戻ってしまいます。使用する際はご注意ください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました